前へ
次へ

税理士資格の取得方法

税理士になるには毎年一回だけ行われる税理士試験に合格しなくてはなりません。受験資格について国籍や年齢は問われず、大学や高等専門学校で法律学や経済学を履修している必要があったり、会計事務の補助を3年以上経験していたりするなど様々です。公認会計士試験や司法試験に合格した者も受験対象者となります。そのため、多くの人が受験資格を保有することになりますので広く門戸が開かれていると言えます。試験内容は税法や会計などの知識を問うものであり、一部選択科目も設けられています。合格基準は各科目60点以上で、受験者には結果通知書が送られてくるとともに官報に氏名が公示され、晴れて税理士の資格を取得したことになります。

top用置換

top用置換2
Page Top